幼子や母性的個々は丸っこい特性が好き

メンヘラと出逢えるサイトランキング


★1位 PCMAX
★2位ハッピーメール<18禁>
★3位 ワイワイシー
★4位 ミントC!Jメール★ 
★5位 ワクワクメール★ 
 
★定額制1位 ラブサーチ★
 
 

幼子や母性的個々は丸っこい特性が好き

子供たちは本能の心理的に丸っこい物品が大好きで、漫画やアニメでは 丸っこい鳥獣やアイデンティティーを主人公にすると大抵はヒットする。 ドラえもん、オバQ、アンパンマン、クレヨンしんちゃんなど球という見かけをしている。 方は根本的にちょっぴり外敵的思惑を持っている。これは異性思惑と密接に関連すると考えられている。 こういう外敵的直感が抑制されるフィーリングというものがある。その要素が「丸っこい」 「悪い」「軟らかい」といった3つ。 これは人間の幼児、華奢で美しい女子、豊満な母乳などがこれにあたる。 つまり、正常な心中状態であるときは、方は幼児や大きなミルクを持っている女子に対して 外敵を加えようとする考えは起きないということです。

 

 

 

 

・丸顔はモテ易い
人間の面構えのフォームは面長と丸顔の2つがあります。 もちろん好みの品種は個人差があるので優劣はつけられるものではありませんが、 丸顔は「可愛い」と思われ易いようです。 方は丸っこい産物、小さいもの、軟らかい産物に対して親しみを感じる。 オデブちゃん、ぽっちゃり系、ふくよかでクマみたいな旦那などはこういうフィーリングを持っている結果ブサイクもより可憐ちゃんに好意を持たれます。 丸顔は男女いずれからも父性や母性本能で守ってあげたくなるような内的が働くようです。

 


それに対して面長品種の面構えの形の場合は、美しいというよりも「カッコイイ」「イケメン」「伊達」 といった直感を持たれ易い。宝塚の種目役者ちゃんなどは面長でキリッとしている男役ばかりです。 頭の中に思い浮かべるだけでもどうにも見方が理解できると思います。 キャラ的共通点があるかは定かではありませんが、周囲の知り合いを見渡しても面長品種の方は甘えん坊が少ないような 気がします。